ダグラス・ハーディング(1909--2007)イギリスの哲学者・第一人称の科学者


ダグラス・ハーディングは、「私とは本当に何なのか?」というスピリチュアルな最後の問いに、実験という手法という開発して、誰もが、教師を必要とせずに、今ここで、自分の本質を見ることを可能としました。彼は長年、シンプルな実験を通じ、多くの人たちと自分の本質を分かち合うことに献身し、そのおかげで、現在では世界中でで多くの人たちが自分の本質に目覚め、平和な日々を過ごしています。

彼の方法は、Headless Way (頭がない方法)と呼ばれています。このワークの詳細につきましては、下記のサイト、邦訳図書をご参照ください。

「今ここに、死と不死を見る」(マホロバアート)
「顔があるもの顔がないもの」マホロバアート)

「頭がない方法」(日本語版サイト)
「The Headless Way」(英語版サイト)
メールマガジン「神の実験室通信」(登録・購読無料)

「私とは本当に何かを見る」実験動画(日本語字幕つき)

ラメッシ・バルセカール(1917--2009)

インドの中流家庭に生まれる。イギリス留学後、銀行に就職し、最後は頭取になって、手腕を発揮する。長い間、「私とは何か?」を探求し続け、銀行退職後に、同じ町(ムンバイ)に住む師、ニサルガダッタ・マハラジに出会い、ほどなく、覚醒。以後、ニサルガダッタ・マハラジの教えについての本を書き、ムンバイの自宅や欧米で、

All there is is Consciouness.存在するすべては、意識である)、
Nothing happens unless it is God's will.(神の意志でなければ、何も起らない

といった基本観念を中心に、多数の霊的探求者たちのために究極の真理をわかりやすい言葉で、死ぬまで語り続けた。

著書多数。

邦訳図書
「人生を心から楽しむ」(マホロバアート)現在絶版。
誰がかまうもんか?!ナチュラルスピリット

関連サイト

アドバイタ出版(英語サイト)

関連図書
ニサルガダッタ・マハラジの本
「アイアムザット−−私は在る」ナチュラルスピリット
バイロン・ケイティのワーク

Byron Katieは、苦しみの幻想を捨てて、リアリティにいたるたった4つの質問を考案する。

彼女のワークは、TheWorkの名で、現在、世界中で急速に広まりつつある。日本語版質問集はホームページからもダウンロードできる。

邦訳図書

*「人生を変える4つの質問」(アーティストハウス発行)

*「捜すのをやめたとき、愛は見つかる」(創元社発行)

シンプル堂は、「真実に目覚める、シンプル、平和、快適、楽しい」をコンセプトに、活動しています。

 シンプル堂代表 木悠鼓

お勧めスピリチュアル